自然葬が支持されている理由

自然葬とはどんな埋葬の仕方なのでしょうか。


「自然」と冠している通り、火葬したあとの遺骨を自然に帰すことをいい、墓石などの人工物を利用せずに埋葬する方法です。



自然回帰の思想と、人工物を使わず環境を守りたいという思想が反映された自然葬には、海や山への散骨をはじめ、樹木葬や鳥葬なども含まれます。



こうした埋葬方法は、環境への意識が高まってきている近年、支持が拡大しつつあります。

All Aboutの総合案内サイトです。

日本では、元来墓を使う習慣はなく、江戸時代中ごろから人工物を利用した埋葬方法が主流となり、昭和初期に「墓地、埋葬に関する法律」が定められてからは遺骨を自然の中に撒くことは違法行為として認知されてきました。

しかし、人間が本来持っている自然との一体感を反映させた埋葬方法への理解が深まり、現在では衛生上問題が少ないとされる火葬後の遺骨については、法的に問題がない形で自然葬が選択できるようになっています。自然葬への支持が拡大してきた理由はほかにもあります。

墓石を用いた墓地の維持には、子供世代が関わらなければいけないという側面がありますが、現実問題として核家族化と少子化がすすんでいる現代では、墓地を適切に維持することが困難なケースがあるのです。

その点、自然葬では人工物を使わないので墓地の維持管理にかかる手間や費用が大幅に軽減できるメリットがあります。

また、法要など宗教的な習慣が大きく影響することもないため、故人が生前に埋葬方法を散骨などで自然に帰すよう指示するケースもあります。