永代供養墓のあれこれ

本来お墓というのは一家に一つ建てて、代々引き継いで先祖を供養するのが日本の仏教のしきたりです。


できることならば、立派なお墓を建てて供養したいと思う人が多いと思います。

livedoorニュースについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

しかし時代の移り変わりによって、お墓を建てるのが難しい、お墓を代々守ることが難しい状況も出てきました。



そういう事態を受けて、お寺の方で供養をしてもらおうというのが永代供養墓です。



お墓を建てるのにはお金がかかります。

まずお墓を建てる土地を買い、そして墓石を買います。ピンからキリまでありますが、200万円から300万円ほどかかってしまいます。

それとは別に維持管理費がかかります。

こうした費用の面からも永代供養墓は助けになります。

最初にお骨を収めるときに40万円から50万円ほどお寺に納めます。
これだけで、お寺の方でお骨を管理してくれます。

維持管理費もかからない場合がほとんどです。
そして定期的に御経をあげて供養をしてくれるのです。

最近ではお墓を建てたくても、土地がなくて建てられないというケースも出てきています。

お寺の永代供養墓は大きな廟を建てて、そこに多くのお骨を収めるという形になります。お墓参りをする場合も、その廟に向かってすることになります。

また、定期的にお寺の方で供養をしてもらうことができるので、頻繁に手入れに来る必要もありません。


お墓を維持管理するお金と時間の双方を同時に節約できるのが永代供養墓の特徴であり、利便性でもあります。