散骨の種類と費用について

散骨は、維持費がかからないことから子孫への経済的負担が少ないメリットが有ります。


散骨できる場所は限られていますが、埋葬許可証を保有し、粉骨さえきちんとおこなえば、現在の日本では違法ではないため、新しい葬送スタイルとして選ぶ人が増えています。

あなたに合った条件でlivedoorニュースのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

散骨の種類としては、海に撒くタイプ、宇宙葬、空葬、樹木葬などの種類があります。



遺骨を粉砕し、自分で撒けば費用はかかりません。



遺骨は、2mm以下の粉末状にして撒く必要があります。

自分で粉骨することが精神的に難しい場合には、専門の業者に依頼したほうが良いです。国内での海洋散骨では、約20万円程度が相場とされています。

自社で船を保有している業者の場合は、比較的安価なケースが多いです。

しかし、業者の提案するプランにオプションをつけていくことで高額になりやすいです。

船をチャーターし身内だけで行う場合は、30万円から50万円と費用が高額になります。
他の人と合同で行う場合には、約10万円前後、業者に委託する場合には5万円前後が相場とされています。

船の設備が整っていたり、前後のサービスが良い業者ほど費用もそれなりにかかりやすいです。
樹木葬の場合は、届け出された墓地でしか行うことができません。

そのため、墓地への管理料との名目で毎年費用がかかります。

墓地によっては、管理費用を永代供養のように数十年分を一括で払うことができることもあります。墓を持つよりも安価で住みますが、維持費が必要となります。